賃貸借契約の進め方

土地の賃貸借契約の要点

土地の賃貸借は、売買に劣らず不動産取引の実務上とても重要です。土地
賃貸借契約の要点としてかつては、「大家と店子は親子も同然」と言われて
いたこともありました。

土地や建物の賃貸借において、もっとも基本的で大切なことは、当事者間の
相互信頼関係です。このことは今も昔も変わりはないでしょう。

動産の貸し借りでも同じですが、20年、30年と長い期間の貸し借りとなる不
動産の場合、とくに信頼関係が大切です。当事者は信頼関係を損なうことが
ないように、心がけなければなりません。これが、土地の賃貸借契約の一番
のポイントです。

なお、信頼関係を保つというのは、心情的に仲良くするというわけではありま
せんが、当事者がそれぞれ契約の定めを誠実に履行することが中心になる
と考えるべきです。

たとえば、借主は定められた方法で賃料をしっかり貸主に支払わなければな
りません。また、貸主に無断で転賃することは禁物です。

このように考えると、賃貸借契約を結ぶにあたって、一番大切なことは、いか
にして誠実な相手方を選ぶかにあるといえます。

契約上の要点について

賃貸借物件の確定

土地の売買の場合と同じように、賃貸借でもどの土地を賃貸借するのかをはっきり
させることが必用です。

賃貸借の目的の明示

借主が賃貸した土地を何に使うか、建物の種類、構造、規模、用途などを契約書に
明示することがあります。

賃貸借期間の定め

普通借地権の存続期間は、最初の契約は30年、1回目の更新にかぎり20年、
2回目以降の更新は10年ですが、契約でこれより長い期間を定めることができます。

地代の額の決定、支払時期と支払方法

賃貸借契約の重要な要素です。

権利金、敷金の学の決定、支払方法

最近行なわれている土地の賃貸借では、権利金や敷金の授受を伴うことも少なくあり
ません。その場合、当然その額や支払方法が定められることになります。


東京都の賃貸オフィス

横浜エリアの貸オフィス

その他の貸オフィス

お勧めリンク集

賃貸情報アーカイブ


    賃貸情報アーカイブ



掲載している賃貸事務所、賃貸オフィス物件の情報エリア
東京、神田、秋葉原、麹町、半蔵門、番町、市ヶ谷、九段、飯田橋、水道橋、御茶ノ水、淡路町、八重洲、銀座、築地、八丁堀、月島、豊洲、日本橋、京橋、茅場町、人形町、千駄ヶ谷、表参道、南青山、赤坂、新橋、お台場、芝浦、赤坂見附、麻布十番、虎ノ門、芝公園、乃木坂、六本木、田町、浜松町、御成門、大門、三田、渋谷、原宿、恵比寿、神宮前、広尾、神谷町、新宿、西新宿、四ツ谷、高田馬場、大久保、早稲田、上野、御徒町、浅草、本郷、湯島、池袋、大塚、目白、大塚、品川、大崎、五反田、目黒、中目黒、大井、大森、池尻、三軒茶屋、中野、東中野、中野坂上、錦糸町、亀戸等の貸事務所物件などを紹介しています。

Copyright © 貸事務所NAVI 〜賃貸オフィス情報サイト〜 All Rights Reserved.