失敗しない物件選び

賃貸オフィスの希望する条件を整理する

希望にそった物件をスムーズに見つけるために、まず希望する立地条件として、
「家賃か、立地か、間取りか、設備か」 などを考慮して、借主が希望条件の優先
順位をあらかじめ決めて不動産業者に伝えておきましょう。

ただし、注意点として、譲らなければならない点もあるので、妥協点を決めておく
ことも肝心です。たとえば家賃。 売上をもとに決めるのは当然ですが、光熱費や
駐車場代も毎月の必要経費に含めて予算内に収めます。

立地に関しても、いくら通勤に便利といえども、周辺の環境が業務に影響を与え
かねない場合もあるので、「○○駅から○○駅の間」とか、少し幅をもたせること
も肝心です。 社員の働くスペースを確保するということは、仕事の能率にも影響
するので、あらかじめ物件の図面から割り出して、 スペース的に使いやすいか
どうかを検討してみましょう。

また、設備面に関しては、「OAフロアなのか、電気の容量は十分なのか」 なども
チェックしておきましょう。

賃貸オフィスで意外にかかる肝心な費用

賃貸オフィスを借りると、思っていたより費用がかかってきます。契約時には、賃料
や共益費はしっかりチェックしていたのに、 いざ入居してみると、さまざまな雑費の
支出に悲鳴をあげるといったこともあります。

例えば、ゴミが大量に出る会社などは、管理費のほかにゴミ処理料も徴収されます。
また、清掃を別の業者に委託している場合 は清掃費、袖看板は市町村に税金を収
めなくてはなりません。

また、借りた部屋の火災保険も、何があるか分からないので、万が一のために加入
する必要があります。 その他、お付き合いなどで町内費だけでなく、お祭りがあれば
寄付も出さざるを得ません。

賃貸オフィスを借りた後にかかる支出は、家賃・共益費・駐車場代以外にもいろいろ
とあるので、注意が必要です。

賃貸物件の表記の違い

まず、オフィスの契約面積には、ネット契約とグロス契約があります。 ネット契約とは、
事務所部分だけの契約面積のことで、グロス契約は、トイレや給湯場などのスペース
を加算した契約面積のことです。

大型ビルの契約に多いのが、トイレや給湯場などを含まずに、単純に事務所部分だけ
を契約面積としたネット契約。
また、中小ビルオーナー所有ビルに多く見られるのが、契約面積のうちトイレ・給湯場
が加算されているグロス契約です。

いざ入居してみて、「こんなはずじゃなかった」とならないために、契約前に、ネット契約
か グロス契約をしっかり確認しておきましょう。


東京都の賃貸オフィス

横浜エリアの貸オフィス

その他の貸オフィス

お勧めリンク集

賃貸情報アーカイブ


    賃貸情報アーカイブ



掲載している賃貸事務所、賃貸オフィス物件の情報エリア
東京、神田、秋葉原、麹町、半蔵門、番町、市ヶ谷、九段、飯田橋、水道橋、御茶ノ水、淡路町、八重洲、銀座、築地、八丁堀、月島、豊洲、日本橋、京橋、茅場町、人形町、千駄ヶ谷、表参道、南青山、赤坂、新橋、お台場、芝浦、赤坂見附、麻布十番、虎ノ門、芝公園、乃木坂、六本木、田町、浜松町、御成門、大門、三田、渋谷、原宿、恵比寿、神宮前、広尾、神谷町、新宿、西新宿、四ツ谷、高田馬場、大久保、早稲田、上野、御徒町、浅草、本郷、湯島、池袋、大塚、目白、大塚、品川、大崎、五反田、目黒、中目黒、大井、大森、池尻、三軒茶屋、中野、東中野、中野坂上、錦糸町、亀戸等の貸事務所物件などを紹介しています。

Copyright © 貸事務所NAVI 〜賃貸オフィス情報サイト〜 All Rights Reserved.